恵比寿

JR恵比寿駅を降りると、まずアトレがあります。駅に接して建つ商業施設で、食品からファッションアイテムのショップ、レストラン街までそろったお洒落で便利な施設です。そして、スカイウォークを使って7分ほど歩くと、有名なガーデンプレイスへと出ます。スカイウォークを使えば雨に濡れず、楽に行くことができます。

ガーデンプレイスはレストランやバーなどのグルメが楽しめるお店と、百貨店の三越のある商業施設です。食材の買い物から、高級なアイテムまで様々揃い、内部の敷地も広いので、ちょっとした散策にもおすすめです。定期的に様々なイベントが、時計台で有名な屋外広場で開催されるのも楽しみの1つといえるでしょう。

恵比寿といえば

三越の隣にはヱビスビール記念館があります。ここでは製造工程の展示を見学できるほか、ビールの試飲ができるコースが用意されているほか、併設のビアレストランでビールやビールに合うグルメを楽しむことができます。昼間からビールを楽しむ人の姿が目立ちます。限定ビールの試飲のほか、ミュージアムショップでのレアグッズ販売も行われています。

その隣には、アメリカ橋公園もあり緑の豊かな地域でもあります。また、ヱビスビール記念館の通りを挟んだはす向かいには、ウィスティンホテル東京があります。宿泊や宴会、会議などの利用のほか、ガーデンウェディングやお洒落なレストランやバーも楽しめます。人気のプライベートガーデンランチのほか、ヨーロピアンスパやフィットネスジムはお洒落な女性やビジネスマンにも人気です。

おしゃれな街、恵比寿

ガーデンプレイスの隣には東京都写真美術館があります。ここは国内でも珍しい写真の美術館で、過去から現代までの様々な写真のほか、随時企画展が開催され、様々な写真家の作品を楽しむことができます。定期的にワークショップやイベントも開催され、写真を撮る楽しさを体験できるほか、カフェやミュージアムショップも併設されています。敷地内の公園を愛でながら、お茶を楽しむのもおすすめです。

東京都写真美術館の向かいには、地域を代表する総合病院である厚生中央病院が位置しています。

アクセスが便利

JR恵比寿駅は山手線のほか、神奈川方面から埼玉方面へと繋ぐ埼京線や湘南新宿ラインも通っています。そのため、界隈でのショッピングや通勤客のほか、乗り換え駅としても多くの人が利用する駅となっています。また、JRの駅から少し歩いたところに、地下鉄日比谷線の恵比寿駅もあります。日比谷線は北千住から、埼玉の春日部方面や東武動物公園まで繋がる東武伊勢崎線へとダイレクトに連結するほか、反対方面では神奈川県の日吉まで繋がっています。そのため、通学や通勤、ショッピングにと利用する人も多くみられます。

地名の由来

恵比寿の地名は、サッポロビールが製造するヱビスビールに由来すると言われています。地名からビールの名がついたと思われがちですが、実はその逆なのです。明治時代に現在のサッポロビールにあたる会社が、この地に工場を建ててビールの製造をはじめ、そのビールの名を七福神のえびす様にあやかってヱビスビールと名付けました。その後、ビールを運搬するための貨物駅ができ、そこが恵比寿停留所と名付けられます。さらに、その貨物駅が現在のJRの駅となっています。この界隈は駅周辺こそ、大きな商業施設がありますが、その付近のエリアは昔ながらの商店街があり、戸建て住宅も多い住宅街となっています。もっとも、近年では駅に近いエリアに大規模マンションや高層マンションなども増えてきました。駅周辺はショッピング客や界隈のオフィスに勤めるビジネスマンやOLでにぎわいますが、住宅のあるエリアは比較的閑静で緑も多い暮らしやすい街並みが続いています。